上田市・坂城町・東御市を中心にエクステリア&ガーデン設計施工を承っています

厄介な庭のスギナ対策、効率的な駆除方法は?

「抜いても抜いても次の日の朝にはまた新しい芽が生えている」
スギナに悩まされている方はこのような経験をしたことがあるかもしれません。
それぐらいにスギナの成長速度は早く、生命力が強くて非常に厄介な植物です。

この記事では、庭のスギナ対策をご紹介します。
手っ取り早く駆除する方法は何でしょうか、ぜひご覧ください。

□もう悩まされない!効率的なスギナ対策は?

実は、スギナは別名「地獄草」と呼ばれているほど駆除がしにくい植物とされています。
そんなスギナを確実に、そして効率的に駆除するには、やはり除草剤の活用が確実です。

除草剤には、農薬取締法に基づく登録を受けている除草剤と受けていない除草剤があります。
登録された除草剤は、私たちの口に入るような農産物に使用しても問題がないと判断されたものです。
安心して使用できるものは農薬登録されている除草剤ですので、スギナ対策として庭に使用する際は、登録除草剤を購入しましょう。

また、農薬登録された除草剤は、さらに農耕地用と非農耕地用に分かれます。
前者は人が植物を植えた場所用で、後者は公園や道路用です。
スギナ対策をするのであれば、農薬登録された農耕地用の除草剤を利用しましょう。

庭が芝生である場合には、その芝生に適したタイプの選択制の除草剤を使用してください。
暖地型や寒地型、日本芝、西洋芝など、ご家庭の庭の芝生の種類に合わせましょう。

除草剤を使用するのはなるべく避けたいという場合には、三角ホーという道具でスギナを根から引き抜いて、スギナをこれ以上繁殖させないようにします。
スギナが生える度にこまめに作業する必要はあるので少し時間はかかりますが、そのうち生えなくなるでしょう。
抜いたあとは防草シートを敷けば、日光を遮断できるので確実に対策できます。

□要注意!このスギナ対策には気をつけて!

無農薬でスギナ対策が可能な方法としてよく紹介されることのある中で、特に注意が必要な対策法があります。

まずは、熱湯で対策する方法です。
ある程度の雑草の駆除にはこの方法が有効ですが、スギナ対策には向きません。
なぜなら、スギナは地中にびっしりと地下茎を巡らせているからです。
この部分まで熱湯をかけられない限り、生命力の強いスギナは繁殖し続けるので、無謀な方法となります。

そして、塩で対策する方法にも気をつけてください。
塩を撒くと植物から水分を奪えるため、スギナを含むどんなに生命力の強い雑草でも駆除できるのは確かです。

しかし、塩が残った土では雑草だけでなく植物でさえ育たない場所となってしまいます。
雨などで建物の土台や配管にまで塩分が行き渡ってしまうと、腐食させて耐久力を下げてしまう可能性も否定できません。
スギナを含め、雑草対策として塩を利用する方法は絶対にやめましょう。

他にも、石灰をまいて駆除する方法や肥料で駆除する方法などが紹介されていることがありますが、どれもあまり効果が期待できない方法です。
スギナ対策をする際は、除草剤を使用するか、根本から引き抜くかの方法が効果的でしょう。

□まとめ

今回は、庭のスギナ対策について解説しました。
除草剤を使用する際は、農薬登録された農耕地用の除草剤を選びましょう。
庭が芝生である場合は専用の除草剤にすると、芝生を枯らさずにスギナ対策ができます。
スギナにお悩みの方のお力になれていたら幸いです。

ご予約はこちら 0268-71-5909 10:00〜18:00